今日の蟹は津居山からです

津居山のカニ

山陰から丹後にかけての地域では、ズワイガニのオスを「松葉がに」、メスを「セコがに」や「こっぺ」などと呼びます。そのうち、『津居山かに』と名乗ることができるのは、兵庫県豊岡市の津居山港に水揚げされたものだけ。日本随一の品質が自慢で、すらりとのびた長い足と美しい姿が特徴的です。
漁師が自らの手で付けた青いタグがその証です。このタグは、関係者以外は入手できず、一度はめると切らない限りとれません。漁船名も入っており、漁業関係者の品質に対する自信と誇りが感じられます。
毎年、初セリには1杯5万~6万円ほどの高値がつきます。品薄になる12月中旬~1月は高騰しやすく、11月中旬~12月上旬なら比較的安定しています。


味の違いは食べれば歴然。だしではなく湯にくぐらせただけの「かにしゃぶ」でもおいしいのは、上質な津居山かにの実力です。ぎっしり詰まった甘い身を刺身・ゆでがに・焼がに・かにすきなど様々な料理でご堪能ください。濃厚なかにみそも美味です。
また、津居山港には四季を通じて、底曳網・一本釣り・磯見などで漁獲された多彩な魚介類が水揚げされます。地元の宿泊施設や食事処でお楽しみいただけますので、豊岡港観光協会へお問い合わせください。

豊岡市観光協会(http://www.toyo-kan.jp/modules/page/index.php?content_id=4)

そんな津居山からです

タグもあるよ

常連さんよりお客様を接待したいのでと要望があり、市場に注文してました。値段は、、、高い、、

蟹をいろいろ

今日は二杯確保

身は入っていて上等な蟹が確保できました。

城崎や湯村行くより安いけど、、やっぱり高いですよん。コースの値段は


最後までご覧いただきありがとうございました。ご予約は電話にてお願いします
お問い合わせ番号0120-00-6989

お店の場所の確認はこちら
管理人ー小西尚憲(susi@hunaki.net)


新着情報をお知らせするので良ければ画面下にある購読ボタンをお願いします。もしくはAndroid携帯の方は画面右下の赤いベルを押してください

管理人ー小西尚憲(susi@hunaki.net) 他の運用サイト


但馬のええとこ発見探しー
blog3.hunaki.net
その他雑記帳
雑記帳 blog2.hunaki.net

小規模事業者のHP運用術
昔のブログ
過去のブログ

(広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。